メガバクテリアについて
もうすぐ師走。

寒くなってきましたね。

月日が経つのは本当に早いです。


鳥さんの病気はたくさんありますが、

今回は、メガバクテリアのお話。

このブログを観て下さっている方へ、病気の事の情報も知って頂きたいので、我が家の近況を

お伝えします。

リサの通院やらで、忙しくて時間が取れなかったのですが、

リンの検診でお世話になっている横浜小鳥の病院へ検診に行ってきました。


3ヶ月前の検査で近所の病院では大丈夫だったのですが、

今回の検査でメガバクテリアが検出されました。

メガバクテリアを持つ子は、まれにあります。

我が家の例ですが、

現在16羽おり、そのうち9羽が他のブリーダー様やペットショップからお迎えしていて、

9羽の内の3羽がメガバクテリアが検出されております。

辛く悲しい話しですが、あるブリーダー様の所からお迎えした男の子を

メガバクテリアが原因で亡くしてしまった経験があります。

鳥の医学書によると、海外のセキセイインコの26%〜64%の子がメガバクテリアに感染していると書かれているのを目にしました。(良く分からない数値ですが、ポピュラーな病気だと言う事ですね)

それくらい、多くの飼い鳥が抱えている病気のひとつなのです。


今回、リンの場合はかなり早期発見で臓器に蔓延していない状況なので、

お薬の治療で治せます。

あらゆる病気もそうですが、メガバクテリアも早期発見が必要なのですね。

メガバクテリアは、胃の中、体内でどんどん増えていきますので、

手遅れになると様々な臓器を蝕んでいきます。

手遅れになってからでは、薬でメガバクテリアは居なくなっても、

他の臓器に影響してきます。

本当に恐ろしいです。


感染のルートは、親鳥からの感染の縦感染が主なルートなので、


我が家では危ない子は子供を作らない様に心がけておりますが、

病院いわく、メガバクテリア感染の子の糞を他の子が口にした場合の横感染をする可能性があるそうです。

ある病院では、横感染はしないと言い切っている病院もありますので、

どこが本当の話しなのかは分かりませんが、

何と言っても大切な命です。注意をしなければいけませんね。



今回のリンの場合ですが、

横浜小鳥の病院では、検査前4日分の便を検査。

真菌の量が少ないと、その時の一回の便の中にはたまたま居ない可能性も十分考えられます。


リンの検診結果は、

メガバクテリアの検出はありましたが、

他は幸いにも正常でした。

そして只今、雛換羽中(ヒナカンウ)でチクチク中。。

換羽は世間ではトヤと呼ばれていますね。

羽を作る栄養素は、タンパク質です。

我が家では副食として、卵黄ペレット(ウィットモレン)を与えて補っております。

食欲はあり、とても元気です。

ですが、

メガバクテリアを持った子も初期状態だと元気なのです。

重要なのは、早期発見です。

リンは大切な家族の一員になった子です。

絶対に完治させますから!!!




______________________________________________________
最後にメガバクテリアについて

近年、マメルリハにも多くのメガバクテリア(マクロラブダス、AGY)が発見されております。

メガバクテリアを持っている子でも、一生を通じて発症しない症状があまり悪化しない慢性的な場合や、

急激に悪化する急性型など、その子によって症状は様々らしいです。

胃にまつわる病気の発展で、それを伴って合併症に発展してしまうケースも。

特に、黒い便をする場合はかなり危険な状態です。

大切な家族をお迎えした後には、検査を受ける事をお勧め致します。



 
ペットを飼う心得 comments(4) trackbacks(0)
Comment








こんばんは。
リンちゃん、絶対に完治させて下さい!!

私は小鳥に関しては、ド素人なので貴重な話を聞けました。
辛い思いもした事があるので、行動やウンチは変態のようにガン見しているんですけど…
検診も定期的にしっかりしないといけないですね。

りんちゃんへのあたたかい写真を拝見して
胸キュンとしている私と娘です♥ケア大変ですが、でも、また素敵なLOVE一杯の写真をアップして下さいね。


from. どおしてお腹が減るのかな | 2014/11/24 21:36 |
どおしてお腹が減るのかなさんへ

ありがとうございます!
鳥にも本当に様々な病気があるので、検診は怠ってはなりませぬですね!
リンの場合は、見た目全く元気いっぱいなので、ちょっとびっくりでした。早く見つかって本当に良かったです。
リン自身も病気の自覚無いくらいはしゃいでますから。。(汗)
メガバクの量も幸いに少ないので、現在飲み薬ですが治って欲しいです!
まだ全部の結果は時間がかかるのでこれから分かるのですが、
肝っ玉座っているかと思いきや、怖かっらしく今までに聞いた事の無い声を発しておりました(笑)
絶対に完治させます!!!
from. birdgrass | 2014/11/25 00:32 |
こんばんは、はじめまして

リンちゃん、現在メガバク治療中とのこと、お見舞い申し上げます
でも、早期発見で良かったですね
ウチでも最初にお迎えしたマメ(ちょうど今日で丸6ケ月)がお迎え検診で
メガバクが見つかりましたが、運良く早期だった為、6週間の投薬治療のみで
現在は治癒(寛解)、元気に過ごしています

今週、2羽目(生後5ケ月半、アルビノ)をお迎えしたのですが、
この子がペットショップの売場で隣り合わせたボタンインコさんに噛まれて
両足を負傷(部分欠損)し、現在治療中(販売中断)の手負いインコさんでして・・・
売場からは引き上げられてる状態でしたが、ご縁を感じ、お迎えしました
明日、足の継続治療とお迎え検診に行きます

言葉が通じないからマメの気持ちを知るすべが無いのですが
定期的に検診を受けさせる等、出来るだけの事をしたいと思ってます
人間も鳥も、早期発見、早期治療が大切ですよね

どおしてお腹が減るのかなさんも仰られてますが
birdgrassさんの文章と写真には「幸せのほてり」を感じます
見ているだけで、birdgrassさんやマメちゃんの体温を感じると言うか・・・
遠赤外線のようなじんわりとしたあたたかさが感じられるんです
そのあたたかさで、マメズたちを包み込んでいるからこそ、
こんないい表情が撮れるんだと思います

メガバクのお薬、黄色で苦いと聞きますが、リンちゃん、頑張って飲んでね
リンちゃんの一日も早い治癒をお祈りしています
from. Rico | 2014/11/29 00:03 |
Rico さんへ

心配して下さりありがとうございます。
今日丁度お薬を頂いてから一週間なので、病院へ再び検査へ行く所なんです。こちらで良いご報告が出来ると良いのですが。。
検査次第でまだメガバクがいる様だったら、お注射になるのですが、
注射は出来ればやりたく無くて。。
以前メガバクで亡くなってしまった子は、お注射を毎日1本、計3本を打って強い薬なんだと思います。
悲しい結果に終わり、助かりませんでした。
なので、注射には少し私がトラウマになっている所がありまして...(;^_^A

たくさんのマメちゃんがいらっしゃるのですね!
メガバクの子、治癒(寛解)されて良かったですね。貴重な情報をありがとうございます。
それから足の怪我のお話の事、ペットショップでも色々と事件があるものなんですね。
怪我をしている子をお迎えして治療を引き継がれる事って、中々出来ないことだと思います。感動させて頂きました!!
お時間掛かるかとは思いますが、良くなりますようにお祈りしております。
from. birdgrass | 2014/11/30 11:40 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mameruri.jugem.jp/trackback/107
<< NEW | TOP | OLD>>