研修へ
今日は平成27年度 今年も動物取扱責任者研修へ行ってきました。


毎年行われるのですが、

何故か毎年悪天候でしたが今日は珍しく晴天でした。



色々と動物愛護の法律の事だったり、いつも中身の濃い内容で勉強させて頂きました。






研修内容に無い事だったりしますが、動物愛護について個人的に感じる事。

ヨーロッパのある国は、試験を通過した者だけが犬を飼育出来るという国もある。

日本ではお金さえあれば、ペットショップで手軽にペットを手にする事が出来ます。

動物を売る販売側は動物をモノとして扱う事とは違う事を心得てなければいけないと思います。

動物愛護法は毎年慎重に見直されていて、

日本は動物愛護の為に纏めるには難しいと思いますが少しずつ動いております。

ペットはかけがえのない家族です。

高齢者の飼い主さんに向けて、ペットと共に一緒にいられるホームの施設なども今後増やして行く事を課題としています。

でも、なかなか人材やコスト面で難しいところは否めませんが。

動物愛護法。日本を豊にして欲しいと陰ながら応援しております。


________________________________________________________


真面目なお話の後についでに真面目な独り言。

日本以外のある国々では、動物愛護法なんてさらさら無い国がほとんどだったりする。

商売の為に毛皮や羽を目的として現実を知ってしまうと言葉にならない程無惨な扱いをされている現状は実在していることは否定出来ない所だったりします。

例えばですが、ファッションの為にコートのフード周りに飾られているFOXの毛皮は、本当にかっこいいものなのか?

衣類と動物の毛皮や羽などは人類のルーツを辿ると切り離せない部分だったりする事も分かります。

が、その背景には、本当に残念な事に人間のファッションの為だけに犠牲になっている動物達がいるという悲惨な事実があったりします。

非常に残念な事です。。。

ある大手の会社は化学繊維を開発して、ダウンより暖かい人口的に開発した化学繊維のダウンの綿を開発していたりします。

せめて言える事。。リアルファーよりフェイクファーを!









 
ペットを飼う心得 - -
<< NEW | TOP | OLD>>