Bird Grass からのお知らせ
昨日、動物取り扱い業の研修へ行きました。

この研修は法律の定めであって、

動物を取り扱う業者さんは必ず年に一度、

研修を受けなければならない義務があるんですね。

20131024_122422-1.jpg

川崎駅にて撮影。

台風27号の影響で、雨模様。。


川崎市役所のホールにての研修でした。

川崎市をひとくくりとすると、研修会場がいつも近場では無くて.....。

こちら、Bird Grass は確かに川崎市ですが、

ウチは高津区。   川崎市はとても広いんですよ。。

川崎駅はちょっと遠いよな〜(・・;)

もうちょっと近くにならないものですかね。。。

って、独り言です。ワナワナ。。ブツブツ。。。




さておき、研修後という事もありますので、これを機会にお伝えします。

いつも研修の内容は、犬猫中心なんですね。

鳥の事はいつもあまりというか、全然触れられていなかったりするのですが。。。

私も愛鳥家の一人として、

このブログを見て下さっている愛鳥家の方へ、少しでも参考になればと思い、

私なりにまとめてみました。





大きく分けて2項目にまとめました。



①災害時の備えについて

②鳥の飼育に対する注意事項




飼い主さまにとって、かわいいペットを飼うとともにペットの生涯の飼育責任があります。

可愛がっている、愛鳥家の方々へお伝え出来ればと思います。








我が家のスター☆ ピータさんです!

元気いっぱいです!

先日、5歳を無事に迎えました!

IMG_3727.JPG
ピータさん一言どうぞ!

『俺様も家族の一員なんだぞ!』

だそうです。。( ̄ω ̄)m゙












ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①災害時の備えについて



いつ何時、災害に見舞われるか分かりません。

災害時に備えての危機管理を、各ご家庭でお話をされておくべきだと思います。

まずは、家族の安否を。

そして、

災害時の時の自分の行動を定めておくのは、重要な事と私は考えております。



我が家の例ですと、

ウチはマメルリハの複数飼いなので、とても全員を連れての避難は非常に難しいです。

一応、最悪避難が必要な事の為に、キャリーはたくさん持ってはいますが、考えただけでも移動が大変です。

なので、避難勧告の警告が無い限り、

家族会議の結果、家族全員で家に残ろうと思っております。

災害時は、電話や携帯電話も繋がらない状況が予想されます。

とにかく、外出していたら、歩いてでも帰宅すると。

いざと言う時の為の我が家のルールです。






それから、鳥の餌などの物資についてですが、

水や餌は、各ご家庭で常に充分確保しておく事。

鳥の餌って世間にあまり出回っておりませんので、入手困難になる可能性が大です。

普段から、余裕をもって餌のストックを持つ様に心がけましょう。



そして、移動用のキャリーやカゴの準備。




後、布製のガムテープ&マジックペンは災害時に活躍するそうです。

メッセージを伝える時や、

(”HELP!!!!  鳥の餌が不足しています!” 等のメッセージをテープに書いて目立つところにすぐ貼れる。)

キャリーの出口を補強したり、段ボールなどで保温対策等の場合も役立てそうです。





万が一の災害に備えて、各ご家庭準備を整えておく事は大事な事だと思います。




ペットも大事な家族ですので、災害時の事を普段から考えておく様に心がけましょう。
















②鳥の飼育に対する注意事項



ペットは大事な家族です。

法的な訴えですと、愛護する事に関しての内容が多いです。

当たり前の事なのですが、広い規模で見ると

最悪な環境での飼育も実際にはあります。

ニュースなどでも、最悪な状況で飼育されている犬などが、罰せられる報道がありますよね。

ペットをみだらな扱いで飼う事は、法律により罰せられます。

3.jpg

瞳の大きなチコちゃん。

生後2ヶ月です。

小さい子ですが、とても元気です。

餌をモリモリと毎日食べて食いしん坊です!(^◇^)b
5.jpg
チコ  
『アタシってカワイイでしょ♪』









それから、こちらから放鳥の時の注意です。

室内の放鳥は鳥にとって、楽しみであり、運動になり、ストレス解消になり。

放鳥は鳥の日常には欠かせない事だったりします。

ですが、注意したい事。

放鳥時の事故が一番多いです。

こちらからお迎えした子で、

外に逃げてしまいました。というご連絡が今までに2件あります。


ホント、かわいそうですからね。

外に逃げた鳥は、手乗りの子でも戻って来るケースは非常に少ないです。

このような事故は、本当に起こって欲しくないですし、

良くある事故だったりしますので、少しの注意で防げる事だと思います。

この場をおかりして、充分注意をお願いいたします。

放鳥時には、肩や服などについていないか。

お部屋の中にいる事を確認してから、外出する様にしてください。

1.JPG
チコからも

『よろしくお願いします!!!』

 
ペットを飼う心得 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mameruri.jugem.jp/trackback/69
<< NEW | TOP | OLD>>